日光伝統野菜
野口菜(水掛菜)



 栃木県日光市の野口地区で生産されている伝統野菜です。スローフードインターナショナルの「味の箱舟」プロジェクトにも認定された野菜です。

 野口菜はかき菜に似たアブラナ科の在来種で、冬の寒さから株を守るため、11月からうねの間に湧き水を流し込んで栽培するのが特徴で、12月下旬から3月ごろ収穫します。葉肉が厚くてアクがなく、おひたしやお雑煮などに使われます。

 畑やプランターでも栽培できます。葉はもちろん、つぼみも大変美味しいと評判のご当地野菜です。


野口菜の栽培の様子 商品イメージ


水かけの栽培の様子 畑での栽培の様子


商品名 野口菜の苗
規格 9cmポット苗 ラベル付


ご注文はこちらからどうぞ





ホームへ


Copyright (C) 2001-2012 nikkoseed All Rights Reserved.
このホームページのコンテンツおよび画像の無断転載を禁じます。