園芸新資材
こめぬか


皆さんは「こめぬか」をご存知でしょうか?
そうです。精米したあとに出てくる、あの粉末のことです。
今、「こめぬか」が、園芸の新資材として注目されつつあります。


たとえばこんな使い方・・・
●土壌改良剤として・・・
●ぼかし肥料の原料として・・・
●野菜苗を植えたあとの(地表の)乾燥防止、草むしりの軽減に・・・
ほかに、こんな利用法もあります。ワックスがなかった頃は、このように「米ぬか」でぞうきんをつくり、座卓や床などを拭いていました。また、(今は、いい薬がありますが)乾燥肌でかゆくなって しまった時は、米ぬかを布袋に入れたお風呂に入ると、かゆみが治まったそうです。ただし、米の脂肪分がつき、浴槽の掃除が大変だったようです。

もっとくわしくお知りになりたい方は、こちらをごらん下さい。

商品名 規格
こめぬか 10リットル入
15リットル入


★当ショップのこめぬかは、(どんな効果がるあるかどうかわかりませんが)
栃木県産の100パーセント「コシヒカリ」です(^▽^) 。


★ただし、食用としての販売はしておりませんので、
ご了承願います。


ご注文はこちらからどうぞ





ホームへ


Copyright (C) 2001-2012 nikkoseed All Rights Reserved.
このホームページのコンテンツおよび画像の無断転載を禁じます。