地球の救世主!?
空気浄化の木
ヒマラヤザクラ


フジテレビ「とくダネ!」2007年12月19日放映商品







・大気汚染のもとになっている窒素化合物(NO2)の吸収同化能力がソメイヨシノより多いといわれています。
・冬咲きでソメイヨシノよりも濃く、豪華な花が咲きます。
・冬でもつややかな新葉が楽しめます。
 (最低気温5℃以上の地域であれば、11ヶ月間、常緑を維持します。)
・葉は香りがよく、ポプリの材料になります。
・虫の害がほとんどありません。
・剪定ができます。
 (昔から「桜切るバカ、梅切らぬバカ。」ということわざがあります。)







●究極のヒマラヤザクラ『ピンク選抜』
 普通のヒマラヤザクラ桃花種よりも、花が濃いタイプです。
ピンク選抜の花 商品イメージ
9cmポット植え、地上部45cm内外 


●ヒマラヤザクラピンク
ピンクの花 商品イメージ
15cmポット植え、地上部70cm内外 


 ●ヒマラヤザクラ 白
 直径1cm位の花が、短い穂のように咲きます。花は春に咲いて、花が咲いているときには葉も出ています。
ヒマラヤザクラ白の花 商品イメージ
21cmバック苗、地上部150cm内外 


ご注文はこちらからどうぞ





ホームへ


Copyright (C) 2001-2012 nikkoseed All Rights Reserved.
このホームページのコンテンツおよび画像の無断転載を禁じます。