究極の山野草・高山植物
白馬・栂池シリーズ


湿地の緑や流山の中に水草のように群生します。ミズバショウの花が咲く頃、黄色と白のコントラストが湿地を彩ります。平地でも栽培しやすく、可憐な花を次から次へと咲かせる高山植物です。

■栽培のポイント■
●鉢底を浅い水盤などに浸しますが、こまめに水を取り替えてください。
●春はよく日に当て、夏は半日陰にします。
●月に1〜2回液肥を与えます。

雪渓やゆるやかな斜面に大群生をつくり、7〜8月、白いじゅうたんのように花を咲かせます。実はタンポポのようになり、ななめからの光線に銀色に輝きます。平地でも栽培しやすく、可憐な花を次から次へと咲かせる高山植物です。

■栽培のポイント■
●根づまりしないように気をつけ、水はけを良くします。
●日当たりは良くしますが、肥料のあげすぎには気をつけましょう。

雨模様の空が急に晴れて、暗い林の中に明るい日差しがもれる・・・。そんな樹林で5〜7月に清楚な白い花を咲かせます。秋には鮮やかなルリ色の実をつけます。平地でも栽培しやすく、可憐な花を次から次へと咲かせる高山植物です。

■栽培のポイント■
●6号鉢など大きめの鉢に植えます。
●半日陰なところで育てます。
●月に1〜2回液肥を与えます。
★植え替えした翌年は芽が出ないことがあります。芽が出るまで植え替えはひかえてください。

8月頃岩壁や礫地などで強風に耐えながら、花を咲かせます。自然のものとは思えない、可憐な小菊です。平地でも栽培しやすく、可憐な花を次から次へと咲かせる高山植物です。

■栽培のポイント■
●よく日が当たり、風通しの良いところで育てます。
●水はけが悪いと、根ぐされをおこしますので、気をつけましょう。

高山に咲く黄色の花のスミレです。6〜7月に林の木陰にひっそりと咲きます。ハート型の葉が印象的です。平地でも栽培しやすく、可憐な花を次から次へと咲かせる高山植物です。

■栽培のポイント■
●水はけを良くし、強い日光はひかえます。
●肥料は規定よりうすめにして、月1回くらい与えます。

日本の木いちごの中で最も高いところで育つ品種です。6〜7月に濃紅色の花を咲かせ、その後の実は食べられます。平地でも栽培しやすく、可憐な花を次から次へと咲かせる高山植物です。

■栽培のポイント■
●高さが1m位になるので、大きめの鉢で育てます。
●風通しをよくし、夏は半日陰にします。
●月に3〜4回液肥を与えます。置肥も効果的です。


商品特性上、11月〜3月の高山植物は地上部が枯れているものがありますが、 品質には問題ありません。翌春には新芽が芽吹いてきます。ご理解とご了承のほど、よろしくお願いいたします。

ご注文はこちらからどうぞ





ホームへ


Copyright (C) 2001-2012 nikkoseed All Rights Reserved.
このホームページのコンテンツおよび画像の無断転載を禁じます。