日本の伝統野菜苗・秋バージョン
家庭菜園で全国味紀行!!


家の光 2008年5月号掲載商品
日本農業新聞 2008年10月11日掲載商品
サンケイスポーツ 2008年9月16日掲載商品


全国でも有名な秋野菜苗のセットです。ポット苗でお届けします。


長崎白菜 仙台雪菜 かつお菜 千筋京水菜 壬生菜
大阪白菜 広島菜 山形青菜 雲仙こぶ高菜 中島菜



商品名 日本の伝統野菜苗各種
規格 9cmポット植(カラーラベル付)
販売時期 9月下旬〜10月下旬





品名 長崎白菜(ながさきはくさい)  <長崎>
特徴  本漬け、浅漬け、おひたしなどに使われる半結球のハクサイです。             
栽培方法  株間30p〜40pになるように植え込みます。
 収穫までに2回位追肥をします。
収穫期  芯葉が黄変したら収穫です。


品名 仙台雪菜(せんだいゆきな)  <宮城>
特徴  全国でも珍しい雪の中で育つ軟白野菜です。
 食物繊維やビタミンが豊富に含まれます。
栽培方法  株間30p〜40pになるように植え込みます。
 収穫までに2回位追肥をします。
収穫期  一時収穫した雪菜を一ヶ所にまとめ雪室を作ります。
 雪が降り積もった雪の下で雪菜にとう(花茎)が立ったら収穫です。


品名 かつお菜(かつおな)  <福岡>
特徴  煮るとかつお節のだし汁がいらないほど風味があります。
 福岡のお雑煮には欠かせないとか・・・
栽培方法  株間30p〜40pになるように植え込みます。
 収穫までに2回位追肥をします。
収穫期  草丈20p位になったら、順次収穫します。
 春(3月中旬)になると、花芽が出来てくるので、それまでには収穫しましょう。



品名 千筋京水菜(せんすじきょうみずな)  <京都>
特徴  寒さに強く、作りやすい品種です。
 鮮緑色の葉には細かいギザギザの切れ込みがあり、茎は白く柔らかいのが特徴です。
 ほのかな苦味が持ち味です。
栽培方法  株間30p〜40pになるように植え込みます。
 収穫までに2回位追肥をします。

収穫期  草丈20p位になったら、順次収穫します。
 春(3月中旬)になると、花芽が出来てくるので、それまでには収穫しましょう。


品名 壬生菜(みぶな)  <京都>
特徴  京都の壬生地方で栽培された水菜が、変化して生まれたものです。
 独特の香り、風味、辛味があり、シャキッとした歯ざわりが特徴です。
栽培方法  うね幅60p、株間30p位になるように植えます。
 収穫までに2回位追肥をします。

収穫期  収穫期は12月〜3月に順次収穫します。


品名 大阪白菜(おおさかしろな)  <大阪>
特徴  大阪生まれの白菜として有名です。
 チンゲンサイと白菜の仲間にあたります。
栽培方法  株間が5〜7pになるように植えます。
 冬季は透明ビニールトンネルや寒冷紗で覆います。

収穫期  本葉4〜5枚、草丈20pを超えたら順次収穫します。


品名 広島菜(ひろしまな)  <広島>
特徴  広島生まれの、濃緑で葉幅が広い野菜です。漬物などに最適です。
栽培方法  幅90〜100pのうねを作り、株間15p、条間50pの2条植えにします。
 あまり深くならないように植え付けましょう。

収穫期  3月上旬〜4月上旬に収穫。
 草丈が40p、本葉8〜10枚になったら収穫の目安です。


品名 山形清菜(やまがたせいさい)  <山形>
特徴  高菜の仲間で、今では野沢菜と肩をならべる有名な野菜です。
 ほどよい辛味が自慢です。
栽培方法  本葉5〜6枚頃になったら追肥します。
 もちろん元肥もたっぷりと用土に混ぜておきます。
収穫期  天気のよい日の午前中に根を切り、しおれさせて夕方収穫します。
 地上部60p位が収穫の目安です。


品名 日本農業新聞「アンド・ユー」2005年8月27日 掲載商品
雲仙こぶ高菜(うんぜんこぶたかな)  <長崎>
特徴  葉の内側に突起(こぶ)ができる、とてもめずらしい長崎の伝統野菜です。やわらかさと歯切れのよさは天下一品で、特に漬物の風味は最高です。また、コブの部分だけを使った浅漬けや炒め物はこの上なく美味とされ、コブの味を知った人が、本当の「うまさ」を知った人といわれています。
栽培方法  幅90〜100pのうねを作り、株間15p、条間50pの2条植えにします。
 あまり深くならないように植え付けましょう。
収穫期  12月から翌年2月にかけて収穫します。


品名 日本農業新聞「アンド・ユー」2005年7月9日 掲載商品
中島菜(なかじまな)  <石川>
特徴  能登半島の中央部、中島町で古くから農家の自家用として栽培されてきた伝統野菜です。高血圧を抑制する成分が含まれており、血圧を調整する機能性野菜としてテレビや雑誌などで大きく紹介されました。漬物や鍋に入れて利用します。独特の風味と辛味が食欲をさそいます。特に漬物は大人気で1月頃からおとりよせの注文が殺到するそうです。
栽培方法  用土・肥料は特に選びません。株と株の間は30〜40cmあけて植えます。
収穫期  おひたしや吸い物の具、炒め物、天ぷらなどに。 近年、血圧調整に関与している「アンジオテンシン(ACE)」と呼ばれる酵素の働きを抑える物質を含む食品が、注目されています。『中島菜』は、この酵素の働き(血圧の上昇を抑える作用)が、他の野菜にくらべて強いという研究成果が出ています。また『中島菜』にはビタミンCとカルシウムが豊富に含まれており、血管を健全に保ち、血圧の降圧作用と相乗的に機能しています。




ちりめん野菜苗


農文協「農家日記2007年版」 掲載商品


今、静かなブームのちりめん野菜。深くちぢれた葉には、独特の食感があります。



ちぢみ雪菜 ちりめんほうれん草 ちりめんキャベツ ちりめん葉からし菜 三池ちりめん高菜 ちりめん白菜



商品名 日本のちりめん野菜苗各種
規格 9cmポット植(カラーラベル付)
販売時期 9月下旬〜10月下旬




品名 ちぢみ雪菜
特徴  全国でも珍しい雪の中で育つ軟白野菜です。
 食物繊維やビタミンが豊富に含まれます。
栽培方法  株間30p〜40pになるように植え込みます。
 収穫までに2回位追肥をします。
収穫期  一時収穫した雪菜を一ヶ所にまとめ雪室を作ります。
 雪が降り積もった雪の下で雪菜にとう(花茎)が立ったら収穫です。



品名 ちりめんほうれんそう
特徴  葉が幅広く、濃緑肉厚なほうれん草。
 また、甘味、ミネラルが豊富です。
 栽培方法も簡単で作りやすい品種です。
栽培方法  株間は4〜6p。
 寒さには強いが、霜や北風に当ると葉先が弱るので冬期は簡単な霜よけをして下さい。

収穫期  伸びの良い株から順次収穫してください。
 少し大き目で、草丈30〜35p位が美味しくいただける目安です。


品名 ちりめんキャベツ
特徴  葉の表面がちりめん状に縮れているのが特徴です。
 甘味があり、歯切れもいいのでサラダに最適です。
 別名、とんかつキャベツとも言われています。
栽培方法  深植えにならないよう注意し、株間は35〜45p位にします。
 植付け前に苗床に充分水やりをし、植付け後も水やりをします。

収穫期  結球して球が堅くなってしまったら、収穫してください。
 葉がぎっしりと詰まった甘く、食感の良いキャベツがいただけます。


品名 ちりめん葉からし菜
特徴  葉がちりめん状にちぢむ丸茎のからし菜です。
 葉は大きくやわらか。
 適度の辛味があり漬物・おひたし・装飾野菜などに好適です。
栽培方法  早取りは10pの密植、大株にするなら20pの粗植にします。
 小苗のときの水やりは頭からかけると苗が倒れやすいので、
 細口のじょうろで丁寧に行ってください。
収穫期  早蒔きなら草丈が20p以上で収穫。
 遅蒔きなら草丈25p以上で収穫した方が辛味が出てさらに美味しくいただけます。


品名 三池ちりめん高菜
特徴  おもに漬物用ですが、
 下ゆでするといろいろな料理に使え、肉厚でしっかりした葉の味が楽しめます。
栽培方法  幅80〜100pのうねを作り株間15p、条間50pの2条植えにします。
 あまり深くならないように気をつけます。
収穫期  3月上旬〜4月上旬ごろに、草丈40p本葉8〜10枚になったら収穫可能です。


品名 ちりめん白菜
特徴  黄色でちりめん状に縮み柔らかく、内葉は大きくなると半結球状態になります。
 塩漬け、お味噌汁の実、中華料理にも最適です。
栽培方法  収穫までに3〜4回追肥をします。
 1回目はうねの片側に、2回目は反対側のうねに施します。
収穫期  11月〜2月にかけて、外葉がめくれて葉色が淡くなったら頭を手でおさえ、
 堅い手ごたえがあれば収穫の目安です。

ご注文はこちらからどうぞ





ホームへ

Copyright (C) 2001-2012 nikkoseed All Rights Reserved.
このホームページのコンテンツおよび画像の無断転載を禁じます。